©  Sim Chang

 

發光體行旅

 

從一個城市來到另一個城市,歲月的痕跡迷人,人聲的喧嘩熱鬧精彩。卻始終是一位觀察者,就像平板螢幕,從一個畫面到另一個畫面,只需指尖滑過。

彷彿什麼都在眼前了,按下快門後,卻什麼都不再擁有。發光持續著,是不朽也是消逝的瞬間。

Light travel

 

From one city to another, trying to catch up the trace of years and the voice of crowds, but suddenly realise that, I am always only a observer to every event I follow. From one screen to another, trying to catch up the frame of memory and the frozen moment of time, but suddenly realise that, I could only press the shutter, beside that I may not have anything left in hands.

旅する発光体 

 

一つの都会から別の都会に移り、

歳月の残した痕跡が魅力的で、活気に満ちた人声も賑やかで素晴らしい。

但し常に観察者の視点に立って、タブレット画面のように、

ただ指先で軽くタッチするだけで、ワンシーンから別の情景に移る。

すべてが目の前にあるような感触で、シャッターを押した後、

もはや何も持っていない感じに‧‧‧

フラッシュ光が発光し続けていて、不朽になる刹那であり、消え去る瞬間でもある。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now